NHK おはよう日本の人気コーナー『まちかど情報室』!

2019.09.05のテーマはズバリ『アプリなのに アナログ』!

という事で・・・

“手を動かした成果”が可視化されるアイデア』に関連するアイテムが紹介されました。


2019.09.05 まちかど情報室 情報その 2


鉛筆に取りつけて勉強量が可視化できる装置『しゅくだいやる気ペン』!



問い合わせ先:コクヨ株式会社
電話orE-Mail: 0120-201-594


鉛筆に取りつけて勉強量が可視化できる装置『しゅくだいやる気ペン』!


リビングのソファーに腰掛け仲良く一緒にタブレット端末の画面を見ているHさん親子♪

一見すると親子で仲良く一緒にすごろくゲームを楽しんでいるように見えますが・・・

専用ペンケースを装着した鉛筆を使って勉強をすることで、勉強量にお応じたカタチですごろくゲームが進行すると言う。

勉強量をゲーム感覚で楽しく確認できると言うアプリ連動型文具で、その名もズバリ『しゅくだいやる気ペン』!


普段使いのいつもの鉛筆にセンサー内蔵の専用ペンケースを装着し、文字や図形などを書き勉強することで・・・

専用ペンケース内にセットされたセンサーが、ペンの動きを計測し勉強量として蓄積。

専用アプリを立ち上げたスマートフォンやタブレット端末画面の上に、専用ペンケースをかざすことでアプリがデータを読み取り・・・

勉強量として認識されたアプリゲームを進行させることができちゃうと言う、勉強量を目視で確認できちゃうアイデアアプリなんです。



◇ しゅくだいやる気ペンのamazon最安値を確認するならコチラから!



管理人による個人的評価

アプリゲームと連動させることで、子供のやる気を引き出すことができると言うアイデア文具ってところでしょうか!?

子供なんてものは基本的にとっても単純な生き物で、何らかの目的を持たせることで、超簡単にやる気を引き出すことができるのですが・・・

物事をやり続けさせると言う継続性の維持が難しい生き物でもあり、挫折する原因のひとつだったりします。

勉強も遊びもスポーツも、やる気よりも続けられる継続性の方が重要であり、続けられるからこそ楽しさや充実感を覚えられるものなんだとろうと思いますので、そう言う意味ではとっても使えるアイテムだと思えるひと品カモですかね!?